こんにちは。今回はイベントや祭りで見かける「似顔絵を描いてくれるお店」のお手伝いバイトについてご紹介いたします。

こちらは知り合いのツテでさせて頂いた仕事なので「面接」はありませんでした。

似顔絵ブースとは

祭りや大型イベントで芸能人の似顔絵を飾って「似顔絵描きます」などの看板を掲げているお店のことです。

注文すると短時間で似顔絵を仕上げてくれます。

仕事内容

私は絵を描くことをお手伝いしたわけではなく、絵を描く人のサポート役のようなことをさせて頂きました。(イベントは2日間終日でした)

この似顔絵ブースの場合は、お客様の顔写真を撮り、写真を見て似顔絵を描くというやり方で描いておられました。(絵描き様は一人)

 

受付の仕事

受付用紙に名前を記入して頂き、絵描き様の名刺を渡して 顔写真を撮らせて頂きます。

 

その他の仕事

絵描き様が似顔絵を描いておられる間、隣で自分も絵を描いたりしていました。(練習絵)

これは、ブースにいる以上、スタッフがボーっとしてるのは良くないからです。

例え スタッフでも、何か描いてることでお客様からの見え方が違うからです。

他にはお昼ご飯を買いに行ったり等の仕事もあります。

私は後半はずっと絵師様の名刺配りをしていました。

祭りが終わると ブースのテントの片付けもありました。

 

仕事の失敗

 

顔写真がキレイに撮れず、何回も取り直しをさせて頂きました。(お客様にも絵描き様にも迷惑だったと思います)

また、名前を書かずに行ってしまうお客様や 料金を払い忘れていくお客様もおられましたが それぞれのお客様の顔を覚えておらず探せずじまいでした。

お客様が一度にたくさん来られると、受付用紙に名前を書いていただき、顔写真を撮らせてもらっても、誰がどの名前でどんな顔の人だったか覚えていない……ということもありました。

(たいていは絵描き様が覚えておられたので 大きなミスにはならなかったですが 痛恨のミスでした)

 

よかったこと

 

お祭りに出店する「店側」という貴重な体験をさせて頂いたとことに尽きます。

色々と不慣れでご迷惑をおかけしましたが めったにできない良い経験でした。

男女比・年齢層

30代の男性2人(うち一人は絵師様)20代の女性2人という組み合わせでした。

 

以上 とあるお祭りでの「似顔絵ブース」の仕事内容でした。

ここまでお読み頂きありがとうございました。

おすすめの記事