こんにちは。今回は「家庭教師(アルバイト)」の仕事をご紹介致します。

 

こちらはB様に取材させて頂いたものです。

 

B様の場合は組織に属さず、直接 家庭教師先の親に雇われてのアルバイトになります。

 

雇用形態

直接雇用(短期1年ほど)

 

労働時間:17:00~19:00

 

労働日数:週2日

詳細

一応「英語」を教えるという、約束で雇われましたが、生徒自身にあまり「勉強したい」という気持ちがなく、どちらかというと親御さんの方が一生懸命な家庭でした。

 

生徒にやる気を出してもらうため、生徒が「今日は社会教えて」「今日は数学教えて」といっていくる要望に合わせてなんでも教えていました。

 

生徒は高校3年生の男子生徒です。教科書の予習を手伝う形で教えていました。

 

例えば、英語は一つの単語にいくつもの意味がありますが、この文脈の場合はどの意味を当てはめればいいのか……ということを話しました。

 

「社会」の場合は、ここから~ここまでの範囲で、この言葉は覚えておいた方がいいよ……というかんじです。

 

もし、何らかの理由で「家庭教師」を休む場合は、振替で別の日に行く約束をします。

 

生徒にやる気のない場合は本人が振替の約束の日に不在……ということも何度かありました。やる気のある時は多少時間をオーバーしても教えていました。

 

夜遅い日は親御さんが晩御飯を部屋まで差し入れてくださる時もあります。(基本は帰ってから晩御飯を食べます)

やってみて良かったこと 悪かったこと

 

あまり勉強する気のない生徒さんだったので、「この範囲をやりなよ」といってもほとんどやらないのが常でした。当然成績も上がらず、教える方としてはやりがいを感じにくい面がありました。

 

良かったことは、たまに「この前ここ教えてくれたからテストわかった」と言ってくれる時です。

 

 

家庭教師をやってみた感想として、まず雇われたら、親御さんに「どういう目的で家庭教師を雇ったのか」をきっちり聞いて、次に生徒さんに「親の考えをどう思っているのか?」も聞いて「勉強時のルール」をしっかり決めてからスタートする方が勉強が身につくのではないかと思いました。

 

 

以上 家庭教師のアルバイトのご紹介でした。

 

ここまでお読み頂きありがとうございました。

おすすめの記事