こんにちは。今回は日本全国に展開している大手コーヒーチェーンのアルバイトの仕事内容をご紹介致します。

こちらはeiji様の体験談です。

雇用形態

雇用形態:アルバイト

労働日数:35

労働時間:16時間前後

面接内容(面接官からの質問内容)

・何故このコーヒーチェーン店を希望したか。

・何故この店舗を選んだか。

・この仕事で活かせる強みはあるか。

・この仕事で何を学びたいか。

・今まで生きてきて頑張った事、成功体験。

・週に何日働けるか

GWや年末年始は働けるか。

職場の男女比・年齢層

8:2

女性の方が多い職場です。

<職場の年齢層>

大学生から主婦まで幅広い年齢層の方が働いています。

地域によっては主婦が多い店舗もありますが、都心部だと大学生がメインです。

職場での専門道具

・エスプレッソマシーン(全自動でエスプレッソを抽出する機械)

・スチーマー(ミルクを温める際に使用)

・グラインダー(豆を挽く際に使用)

・ブレンダー(フローズンドリンクを作る際に使用)

仕事の流れ

出社したら、事前に指定された服に着替えます。

白シャツに黒いパンツがほとんどで、これらは自分で用意します。

 

日々の仕事で起きる改善点をまとめた、業務改善連絡帳を読みます。

 

5分程のミーティングで、一日のお客様の流れを確認した後、仕事となります。

その時間帯の責任者が指定したポジションで作業します。

主なポジションは、バー、レジ、フロアです。

それぞれ集中力を持たせる為に、1時間程度でポジションチェンジします。

2時間毎に15分〜30分の休憩がもらえます。なので休憩はバラバラに行きます。

勤務時間が終わった後、専用のパソコンから勤怠を入力して業務終了です。

仕事内容

<レジ>

アレルギーをお持ちのお客様に対応できるように、簡単な試験を受けます。

https://www.kurashikaru.com/food-allergy-restaurant/(試験内容ではありませんが、アレルギーのことを知りたい方は参考にどうぞ)

お客様の注文を聞き、その時のオススメを提案します。

お客様から聞いた注文をバーの人間に通し、お会計をして終了です。

<バー>

ドリンクを作るポジションで、お客様のドリンクを仕上げていきます。

様々な種類のドリンクがあり、レシピを守り、一緒にバーに入る人と声を掛け合って連携して作ります。

基本的に2人でドリンク作成します。

ドリンク作成係と、お客様に提供する係で分かれます。

<フロア>

客席が乱れていないか確認し、席が空いたら掃除をしにいきます。

ゴミの交換や砂糖やガムシロップの補充、洗い物も行います。

トイレ掃除は1時間に1度は行います。

良かったこと

幅広い年齢層のお客様に対応する事で、コミュニケーション能力が磨かれます。

それぞれのお客様に合わせた話し方や話題の作り方。

常連様を覚えて、相手が楽しんで満足してもらえる事を考えて話します。

これらの能力は普段の生活では身につかない能力です。

大変だったこと

沢山あるレシピを覚える所でつまづく人が多いです。

毎月のように新しいドリンクやフードが出るので、それも覚えなければなりません。

ドリンクは全部で30種類程度。

フードは20種類程度です。

覚え方は、単語帳の表にドリンクの名前、裏にレシピ。

フードも単語帳の表に簡単な絵を書き、裏には特徴を書きます。

これらを毎日通学中に必死に覚えました。

その仕事にこれから就きたい人へのアドバイス

何となくで働く事はおすすめしません。

ですが、そこで何かを学びたいという人には打って付けの職場です。

まず、働きたいお店に行き、なぜそこで働きたいと思ったのか考えてください。

後は、第一印象。

飲食店なので奇抜な格好や髪型では働けません。

面接の前に直してきてください。

面接を受けた後に直しますだと、やる気のない人物という事で、まず面接には受かりません。

おすすめの記事