こんにちは。今回は「ミスタードーナツ(ミスド)でのアルバイト」の内容をご紹介致します。

こちらは「あーちゃん」さんの体験談です。

「あーちゃん」さんは、ホールでのドーナツの販売、イートインのお客様にドーナツや飲み物を運ぶ接客を担当されていました。

雇用形態

雇用形態:アルバイト

 労働時間:17002200(ラスト)迄

 労働日数:月に10日~15

面接内容

店長との雑談

職場の男女比・年齢層

・職場の男女比

男性:女性=1:2

 ・職場の年齢層

老若男女いたが、全体的に若い

仕事の流れ

制服に着替える→手洗い・消毒(ひじまで洗い、消毒のひじまで)→レジに入る(勤務先のミスドはお客様の注文のドーナツを取り、レジ、梱包まで)→イートインのお客様にドーナツ、ドリンクの配膳→ダスター処理

仕事内容詳細

勤務先のミスドはセルフでドーナツを取ってもらい、レジまで持ってきてもらうのではなく、注文のドーナツを取るところもやったので、メニュー覚えるのが一苦労。

接客側に、ドーナッツの名称が記載された札はなく、レジはタッチ式で絵があるのでボタンを押して、個数を確認し会計となる。

大体4個までは袋で5個以降は箱に詰める。

イートインのお客様には、その場で渡せるときにはトレーでお渡しするが、コーヒーが落ちていなかったり、出来上がりに時間がかかる場合は、番号札を渡して、席まで持っていく。

また、コーヒーとカフェオレはお替り自由なので、たまに席をまわってお替りをつぎにいく。

お客様が帰ったら、机の整頓と、ダスター。

以上のルーチンとなる。

その仕事で感じた「よかったこと」

接客業なので、接客業の基礎は身につく。

言葉遣いや所作。

休憩時間は400円以内なら、ドーナツとドリンクがタダでもらえる。

また私が勤めてたときは、ラストまでいるとあまりもののドーナツをタダもらえた。

買う場合も半額で購入が出来た。

その仕事で感じた「大変だったこと」

店長の気分によって、雰囲気が変わったりしてた。

人間関係のストレスはやや感じていた。

また、たまにお客様の欲しいドーナツが売れきれだと文句を言われることもある。

この仕事にこれから就きたい人へ

ミスドが好きな人にはもってこいのお仕事だと思います。

おすすめの記事